意外と知らない英単語!柿を英語で言うと?

意外と知らない英単語!柿を英語で言うと?

意外と知らない英単語特集!今回は「柿」です。柿はズバリ英語で「persimmon (パーシモン)」です。聞き慣れない言葉ですが、外国人が日本に来たとき、柿を見て「What is this?」とよく質問してくるので覚えておきましょう。海外の柿とは味や形が異なるので「Japanese persimmon」と伝えた方がより丁寧ですね。

今回は、柿の味についての表現や、「牡蠣」の英語表現についても、合わせてご紹介します。




 

意外と知らない英単語!柿を英語で言うと?

 

1. 柿 = persimmon

冒頭でも言いましたが、柿は英語でpersimmonと言います。日本だと、秋の代表的な果物の1つですよね。外国の方と英会話する際、日本の代表的な秋のフルーツの1つとして薦めてみるのもいいかもしれません。

 

2. 渋柿と甘柿は何と言う?

「この柿、渋くて美味しくない」「甘くて美味しい柿だね」など、柿の味を述べるとき英語ではどう言うのでしょう。まず、渋柿ですが、渋い柿のことは「astringent persimmon (アストリンジェント パーシモン)」と言います。astringentは「厳しい」「渋い」という意味です。「bitter (ビター)」でも通じると思います。

一方、甘くて美味しい柿のことは「sweet persimmon」と言います。こちらは覚えやすいですね。

 

3. 牡蠣 = oyster

柿とは少し脱線しますが、海の幸の牡蠣(かき)は何て言うかご存知ですか?こちらの牡蠣は「oyster (オイスター)」と言います。聞いた事ある人、多いのではないでしょうか。日本語では同じ発音でも英語だと全く違う単語になるので、例えば外国人と食事するときに「日本語の”カキ”には2つの意味があってね」と話題を出してあげると盛り上がるかもしれませんね。

 



まとめ

いかがでしたか?
今回は柿と牡蠣について、英語で何と言うかをそれぞれご紹介しました。果物や動物の名前は、日常会話でよく出てきますのでしっかり押さえておきましょう。スーパーに行った時に、並んでる果物を英語で何と言うか自問自答したり、動物園に行った時に英語で何と言うか考えながら回ったりすることで、十分カバーできます。

コツコツ知識を積み上げて英単語をどんどん体に染み込ませましょう!

 

意外と知らない英単語!柿を英語で言うと?

1. 柿 = persimmon
2. 渋柿と甘柿は何と言う?
3. 牡蠣 = oyster!

 



あなたにおすすめの記事!



この記事をみんなにも知らせよう!