トルコのバレンタインデー!トルコ人に聞く7つのおもしろ知識!

トルコのバレンタインデー!トルコ人に聞く7つのおもしろ知識!

アジアとヨーロッパの境に位置する国として有名なトルコ。アジアの文化とヨーロッパの文化を両方取り入れていると言われていますが、そんなトルコでバレンタインデーはどのようにお祝いされているのか気になりませんか?

そこで今回は、イスタンブール生まれのトルコ人である筆者が、日本とトルコのバレンタインデーを比較して、両国の違いについて説明していきます。

 

トルコのバレンタインデー!トルコ人に聞く7つのおもしろ知識!

 

1. トルコでバレンタインの歴史はそんなに長くない?

ヨーロッパに近いので、トルコはなんとなくバレンタインデーの歴史が長いイメージかもしれませんが、実はそんなに長くないんです。

日本では約60年の歴史があるバレンタインデー、トルコ語で言えば【Sevgililer Günü】(セヴギリリレー ギュヌ)は、トルコでは、アメリカの文化の影響で1980年頃に始まったと言われています。

2. トルコのバレンタインはカップルのための日!

日本のバレンタインデーは、女性が勇気を出して好きな人に告白するチャンス、その一方で男性がワクワクしながら本命チョコをもらうのを待つ日ですね。

トルコでは日本と違って、すでに告白をしてお付き合いしているカップルや夫婦がお互いにプレゼントを贈り合うのがメインな日です。愛の告白はしません。トルコ人から見れば、女性が男性に愛を表現をする日本のバレンタインデーは独特な文化です。

3. サプライズのプレッシャーが?!

カップルのためだけの日なので、トルコのバレンタインデーは女性が「彼氏が素敵なプレゼントを用意してくれたらいいな…」「婚約者がロマンチックなシチュエーションを作って、プロポーズしてくれるかな…」などと、期待する日でもあります。

また、とんでもないサプライズを企画し、プロポーズしてOKもらった幸せなカップルの映像がニュースになったりします。男性にちょっとプレッシャーがかかっているかもしれませんね。

4. プレゼントを贈るのは男性だけじゃない!

Bosporus Downtown ready for Valentines 🌹❤

Bosporus Turkish Restaurantさん(@thebosporus)がシェアした投稿 –


そうなんです!上に男性にプレッシャーがかかっていると書きましたが、プレゼントを贈るのは男性だけじゃありません。日本のようにホワイトデーのような別々にプレゼントを贈る特別な日がないため、女性側も男性側もこのバレンタインデーを楽しみます。好きな人へプレゼントを贈って、そして同じ日に好きな人からプレゼントをもらえるのは、女性にとっても男性にとっても嬉しいことですよね。

また、プレゼントに限らず、カップルが普段とちょっと違うデートスポットに行ったり、おしゃれなレストランで食事を楽しんだりと、バレンタインデーの楽しみ方は人それぞれのようです。

5. 人気のプレゼントといえば...

Bosporus Downtown ready for Valentines 🌹❤

Bosporus Turkish Restaurantさん(@thebosporus)がシェアした投稿 –


日本でバレンタインデーと言えばチョコレートですが、トルコもバレンタインデーと言えばチョコレート、そして花束、特にバラの花です!好きな人に甘いものを贈るという習慣はもしかしたら世界のどこでも一緒かもしれませんね。

でも、チョコレートと花束だけではなく、ぬいぐるみ、ネックレス、香水、腕時計など、様々なプレゼントが人気です。デパートにある大きいスーパーに行けば、ハート型のギフトボックスや、チョコレートが並んでいる小さなコーナーを見かけます。インターネット通販サイトでカップル向けのフォトブック、名前入りブレスレット、付き合った記念日と写真入りマグカップといった○○入りプレゼントもよく売られています。

著者はそれを見ていつも「トルコ人はやっぱり名前または記念日入りというのが好きなんだな~」と思います。

6. 義理チョコ贈ったら引かれるかも?!

そこで「じゃあ、せっかく女性も男性もプレゼントを贈る日だし、仲のいい友達や職場の先輩にちょっとしたプレゼントを買おう!」と思うかもしれませんが、気を付けてください。

気にしない人もいるかもしれませんが、カップルや夫婦のための日なので「この人もしかして私のことが好きかも?」と勘違いされたり、好意のある人でも「まだ付き合ってもいないのに…この人、真剣になりすぎ!」と思われ、残念ながらちょっと引かれる場合もあるかもしれません。

念のため、手作りクッキーでトルコ人の男性にアピールしたいときは、普通の日にしましょう!

7. バレンタインをどう過ごすか

歴史が浅いのが原因なのか、トルコでバレンタインデーはすべてのカップルや夫婦がプレゼントを贈り合ったり、特別な日として扱ったりするとは限りません。毎年2月14日をどう過ごすかはその人によります。

ちなみに、トルコ人の著者は、50代のお父さんがバレンタインデーにお母さんにプレゼントを買ったのを見たことがありません(笑)。

 

まとめ

日本のバレンタインデーとトルコのバレンタインデーは結構違うことがご理解いただけたと思います。トルコでは義理チョコを買う習慣がないので、日本人女性にとっては日本より楽かもしれませんね。

トルコのバレンタインデーは歴史が浅いため、若いカップル中心のイベントになっています。今後トルコのバレンタインデーがどう変化していくのか、とても楽しみです!

 

トルコのバレンタインデー!トルコ人に聞く7つのおもしろ知識!

1. トルコでバレンタインの歴史はそんなに長くない?

2. トルコのバレンタインはカップルのための日!

3. サプライズのプレッシャーが?!

4. プレゼントを贈るのは男性だけじゃない!

5. 人気のプレゼントといえば...

6. 義理チョコ贈ったら引かれるかも?!

7. バレンタインをどう過ごすか

 


あなたにおすすめの記事!